モデル3値下げについて考える

Why Tesla's Surprise $6,410 Cut Sparked a
Bloomberg:https://youtu.be/PJXGVS4sPq0

はい、TAKAさんです。今回のブログでは7/15日に発表された、アメリカ(と中国)でのモデル3値下げについての記事です。

モデル3がアメリカで値下げ

私の動画でも取り上げましたが、モデル3の値下げ発表がアメリカと中国で行われたのは記憶に新しいですよね。アメリカではモデル3のパフォーマンスが$4,910、ロングレンジが$1,910、スタンダードレンジ+が$910値下げになりました。突然の価格変更はテスラあるあるなので、気にしていても仕方ないのですが、本日Youtubeを眺めていたらブルームバーグニュースのこんな動画を見かけました。

ある方が「7月からタックスクレジット(税の控除)額が少なくなるから」という事もあり(ディーラーからもその旨の説明があったそう)6月末にフル装備のモデル3パフォーマンスを$68,000で注文した。その直後に値下げが発表されてしまった。タックスクレジットの変更を含めても、値下げ後の価格の方が結局$4,500安くなっているので怒っている、的な内容。その方は初めてテスラを買うのではなくこれが3台目のテスラ車で、テスラに対しての信仰(動画内でfaithと言ってるのであえてこの単語をチョイスします)が揺らいでいる、との事(笑)

やはりアメリカ人も怒る(笑)

動画内ではその他上海工場についてもチラリと触れてますが、私が思ったのは本国アメリカでも突然の値下げやらがニュースの話題になるんだなぁって事。あくまで個人的な感想ですが、アメリカ人の方って結構お金には厳しい、というかセコイ感じ(失礼)の方が多い気がしたので値下げやらって大騒ぎにならないのかな?って疑問に思っておりました。でもやはり騒ぎになる、というか「えっ?俺頼んだばかりなんだけど(怒)??」という方はいらっしゃるんだなぁって。

実際、今年3月のモデルS・X大幅値下げの時に、台湾だか香港では既存ユーザーが怒ってテスラの店舗に集結して抗議をした!って事が発生したりしていて、そこからすると「自己主張の強いはずのアメリカ人なのに、テスラの値下げやらには大人しいなぁ(個人の感想です)」と思っておりました。

今年の3月にはモデルS・Xの新車価格改定があり、数百万が一夜にして値下げになったのです。。。

本当にテスラを買うタイミングって難しいです。今までもなんの前触れもなくドカンと下げられちゃうので。今後Youtubeで競馬新聞のように値下げ予想などしても面白いなかな?と考えてます。ただ外した時のお叱りを考えると、ちょっと危険な内容ですかね(笑)

日本での値下げ時期は?

テスラ車の値動きは基本テスラの都合だけで行われている気がするので、その辺の状況を追っていけば分かりやすいのかもしれません。販売台数・株価・手元資金・社債や借入の返済などを一覧でグラフにしてみたら、相関性が見えるかも。「Tesla dope sheet」としては、日本での直近の値下げは10月以降だろうな、と踏んでます。テスラの社債償還が11月にあったと記憶してるので、それまでに販売実績なりは積んでおきたい所でしょうしね。前倒しで値下げ、はあっても12月に何か動くってのは可能性が低いのかな、と考えてます。

アメリカはタックスクレジット、中国は関税の影響を最小限に留めるための値下げとはいえ、今のところテスラ車は国によって大きな価格差を付けておらず、日本でも近いうちに値下げされた価格に変更されるのだと思います。いずれにせよ日本で納車が始まる前に大幅な値下げはないと思うので、欲しい方は買い、値下げ待つ方は待ち、のポジションで間違いないと思いますよ。

返品できなかったのかな?

最後になりますが、このニュースで取り上げられていた方、そこまで値段違うならキャンセルして再注文すれば良いだけの事だと思うのですが、それを言っちゃ番組で取り上げる価値もなくなっちゃうんですかね?テレビ局のポジショントークの為にもあえてこの内容なのかな?(笑) 6月末の納車で値下げ発表が7/16だかだったから返品も間に合わなかったのかな?それなら理解できるところですね。→テスラは納車後7日以内もしくは走行1,600km以内(いずれか早いほう)であれば、車を返却し全額返金を受けることができます。

じゃ、また。

モデル3値下げについてはこの動画で触れてます。よろしければどうぞ。

追記

追記:ブログを書き上げた後に、この記事の文章版を発見しました。値下げの3週間まえに買っていた(納車されていた)様なのでこの場合返品も効かず、このオーナがオコになっても仕方ないですね。リンク先記事内に2019年のテスラ車価格改定が時系列で記載されてます。しかも販売台数のグラフもあり。こういうのから追っていけば予想精度あげられるかな?(笑)

ブルームバーグ動画のタイトルにある$6,410の値下げって根拠がいまいち分からないので計算してみました。動画内では触れられて無かったので。$3,750のタックスクレジットが7/1から半額の$1,875に下がる。取材を受けた方は6月中に$68,400-$3,750で実質$64,650で購入。値下げ分と7月以降のタックスクレジットを含めた価格が$68,400-$1,875-$4,910=$61,615でそのさ#3,035。うーむ。謎です(笑)

Tesla’s Surprise $6,410 Price Cut Sparks a Rant From One Devotee

Bloomberg.com

追記その2

Brownieさんからコメントいただきました。

>6410ドルの値下げの内訳は、パフォーマンスが4910ドル、パールホワイト塗装が1500ドルなのではないかと想像します!

なるほどそういう事だったか!パールホワイト塗装を忘れてました!ありがとうございました。

6 Replies to “モデル3値下げについて考える”

  1. アメリカ人は怒らせると怖いですよね。
    6410ドルの値下げの内訳は、パフォーマンスが4910ドル、パールホワイト塗装が1500ドルなのではないかと想像します!

    1. あ!そういう事だったんですね。パールホワイト塗装、忘れてました。ありがとうございます!

  2. はじめまして、Koichiroと申します。
    いつも、動画を楽しませていただいてます。

    昨日、モデル3の購入に際して、takaさんの紹介コード使わせて頂きました。
    ありがとうございます。

    1. 動画のご視聴&コードご利用いただきありがとうございました。モデル3仲間がどんどん増えていってるので色々と楽しみが増えそうです。今後もよろしくお願い致します!

  3. よろしくお願いします🙇‍♂️

    私もtakaさんのマネさせていただき、中指を立てないで笑、親指を立てます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です